ブログトップ

マクロビオティックス料理教室  鎌倉まんま

カテゴリ:教室の風景( 39 )

11月の教室のお料理は…

これからのシーズン、お友達を招いてのホームパーティーに最適な
アフタヌーンティーセットメニューでした024.gif

a0128036_2126972.jpg


「小松菜のスコーン」は…
全粒薄力粉と玄米粉の生地に茹でた小松菜を刻んで混ぜ込んで焼きました。バターも使わずにサックリ&しっとり、素朴な美味しさです。アーモンド風味のソイクロッテッドクリームも作って、ブルーベリージャムと一緒に添えていただきました♪

「カボチャサラダ&長芋のポテトサラダのサンドウィッチ」は・・・
甘味を引き出す自然塩を振って少量の水分で蒸し煮したカボチャを豆腐マヨネーズで作ったカボチャのサラダと、陰性のジャガイモでなく、皮ごとの長芋の蒸し煮のポテトサラダを全粒パンにルッコラと一緒に挟んで、サンドウィッチにしました。

「木野子と蓮根のキッシュ」は・・・
全粒粉と地粉で作ったタルト台に重ね煮にした数種類のキノコと玉ねぎ・人参・蓮根、そして玄米ご飯とブロッコリーを一緒に混ぜ込んだ豆腐フィリングを詰めてオーブンで焼き上げました。豆腐の水切り具合によって好みの堅さにしたり、季節の野菜をつかったりとアレンジできます
卵やバターも使わずにヘルシーで美味しいキッシュに仕上がりました♪

「オレンジムースゼリー」は・・・
オレンジジュースと甘酒を使って、寒天と葛で仕上げました。葛粉を入れるとふるふるとした食感のゼリーになって、ほど良い甘酒の甘さが美味しいです♪


オーガニック紅茶と共に、ゆったり幸せなアフタヌーンティータイムを過ごしました060.gif


今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2012-11-20 23:30 | 教室の風景

10月のお料理は…

10月の教室のお料理は…

2009年の秋の教室メニューだった、「彩りお稲荷さん」の再登場でした♪
行楽のお弁当やおもてなしにも最適です☆

             ☆ 彩りお稲荷さん
             ☆ 舞茸のお吸い物
             ☆ 里芋のいが栗揚げ
             ☆ 芋がらの胡麻和え
             ☆ 薄紅色の菊花蕪
             ☆ 一口どら焼き


a0128036_20481129.jpg


「彩り稲荷寿し」は・・・
 りんごジュースの甘味で優しいお味に煮上げたお揚げさんに、二倍に希釈した梅酢の玄米酢飯を詰めました。甘辛く仕上げたセイタンそぼろと南瓜とターメリックで黄色く色付けした まるで炒り卵のような炒り豆腐、インゲンと紅葉型で抜いた人参を彩りよくあしらいました。一口ほうばるとそれぞれの味のハーモニーが絶妙なバランスで、とても美味しいです♪


「舞茸のお吸い物」は・・・
市販の干し舞茸と生の舞茸を具材に、利尻昆布とどんこ椎茸の美味しいお出汁にいい塩梅の塩味に調えたまろやかで美味しいお吸い物です。


「里芋のいが栗揚げ」は・・・
 蒸した里芋をマッシュして炒めたテンペとネギを混ぜ込み、中にネギ味噌を入れて丸めました。いが栗をイメージして衣をソーメンをまぶして揚げました。冷めても美味しい揚げものです。


「芋がらの胡麻和え」は・・・
 里芋の茎を干した芋がらを戻して一口大に切り、甘辛く煮含めて練りゴマで和えました♪
里芋の一物全体です。


「薄紅色の菊花蕪」は・・・
 蕪を格子状に切り目を入れて、この時期出回る紫色の菊花…「もってのほか」と一緒に梅酢と米飴の甘酢に漬込んだサッパリと美味しいお漬物です♪


「一口どら焼き」は・・・
 小さめのパンケーキを焼いて粒あんを挟んだ簡単どら焼きです♪ 地粉や粉の状態でふっくらだったり、もっちりだったり…
フライパンをよーく熱してからが、コンガリ焼くコツですが…今回はちょっとその前に焼いてしまったので、図らずも「トラ焼き」になっていました。



今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2012-10-27 22:09 | 教室の風景

4月のお料理は・・・

4月の教室のメニューは・・・

             ☆ 板麩のラザニア
             ☆ レンズ豆のスープ
             ☆ 野菜のテリーヌ
             ☆ ビスコッティー
             ☆ 穀物コーヒー
 
      


       
    

a0128036_22392128.jpg


a0128036_2240576.jpg













「板麩のラザニア」は・・・
 パスタの代わりにお湯でもどした板麩を使ったヘルシーなラザニアです。
 板麩の上にセイタンのミートソースと玄米粉と豆乳で作ったホワイトソースを段々に2回重ねて、仕上げは すりおろした玄米餅とアーモンドとパン粉を白味噌と梅酢等で調味し、まるでパルメザンチーズの様にコクがある『玄米餅チーズ』をトッピングしました。コクと旨味があるのにサッパリ美味しくいただけます。

「レンズ豆のスープ」は・・・
  残り野菜を小さめの大きさに切って少量のオリーブ油で炒めてから出汁を加えて赤レンズ豆と一緒にコトコト煮るだけ…少量の自然塩だけで調味した簡単スープです。忙しい朝に手軽に作って、美味しくいただけます。

「野菜のテリーヌ」は・・・
 季節のお野菜をそれぞれ、塩味の出汁で煮てからパウンド型に彩りよく楽しく♪敷き詰め、薄味の出汁の寒天液を流し固めて作りました。スライスしてお皿に盛り付け、塩麹で作ったバジルソースをかけていただきました。

「ビスコティー」は・・・
 全粒粉と豆乳と、オリーブ油&菜種油で作った生地を中温のオーブンで焼き、斜めの棒状に切ってから更にオーブンでカチッと二度焼きしました。オレンジの皮のすりおろしと粒のアーモンドを混ぜたので、香ばしく歯ごたえを楽しんでも、一緒に添えたカフェインレスの穀物コーヒーに浸して食べても美味しいです♪




今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2012-04-30 23:43 | 教室の風景

1月の教室のメニューは・・・

             ☆ 豆腐の雪見鍋
             ☆ 常備菜(ひじき煮&切干大根煮&小豆南瓜煮)
             ☆ 変身春巻き
             ☆ カブの塩麹サラダ
             ☆ いとこ汁粉
             ☆ 梅醤番茶(ヒーリング)

 
      


       
    お正月明けの身体に優しいメニューでした 056.gif

a0128036_08440.jpg


「豆腐の雪見鍋」は・・・
 たっぷりの大根おろしを土鍋でひとにたちさせ、一口大に切った木綿豆腐を加えます。水は一滴も加えずに大根おろしの汁だけで作るシンプルなお鍋です。お好みの柚子醤油やポン酢でいただきます。お正月のご馳走で塩分の多い外食や動物性の食事で陽性の身体の老廃物や脂肪のデトックス効果があります。

「常備菜(ヒジキ煮&切干大根煮&小豆南瓜煮)」は・・・
  ヒジキ煮…エノキと玉ねぎ、人参を加えてふっくらと炊き上げ醤油のみの味付けです。
  切干大根…干し椎茸と人参、油あげの具材で、味付けは切干大根の甘味があるので、少しの醤油で充分美味しくなります。
  小豆南瓜は…代表的なマクロビオティックのメニューで、水のエネルギーの小豆は腎臓に働きを助け、土のエネルギーの南瓜は胃・膵臓の働きを助ける効果があります。まず小豆を土鍋で軟らかく煮たら一口大に切った南瓜と自然塩少々を加えて炊き上げます。

「変身春巻き」は・・・
 常備菜のヒジキ煮と切干大根を春巻きの皮で巻いて、今回は油で揚げずに少量のゴマ油を表面に塗ってオーブンで焼きました。簡単でヘルシーな春巻きに変身させました。

「蕪の塩麹サラダ」は・・・
 アヤメ蕪をスライスして発酵調味料の塩麹で和えました。塩麹に好みでオリーブ油を加えるとフレンチドレッシングみたいで美味しいです。

「いとこ汁粉」は・・・
 小豆南瓜を甘酒に加えて簡単デザートに展開させました。身体に優しい甘味にホッとします♪

「梅醤番茶&梅醤葛湯」は・・・
 梅醤番茶は…冷えや頭痛・腹痛など陰性の症状に即効性があるヒーリングメニューです。
梅干と生姜汁しょう油を湯のみに入れつぶして練り、三年番茶を注ぎ入れて熱いうちにいただきます。
梅醤葛湯…梅干しにしょう油を練り混ぜたものを加えた葛湯です。陰性のアレルギーや胃腸が弱った風邪の症状に良く、血液を強化して消化吸収を助け身体を調えてくれます。



今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2012-01-30 01:14 | 教室の風景

12月の教室のお料理は、お節料理の特別講座でした。

おせちのメニューは・・・

               ● 花びら餅風お雑煮
               ● テンペの松風焼き
               ● 豆腐の伊達巻
               ● 鮑椎茸の照焼
               ● 梅花なます
               ● 七福黒豆
               ● 牛蒡の養老煮
               ● お煮〆


a0128036_15325731.jpg


a0128036_15335171.jpg


試食の後は、お持ち帰り用の桐箱のお重詰めを ご自分のセンスで お好きに盛り付けて頂きました。 











今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2012-01-09 15:57 | 教室の風景

今月15日の教室のお料理は・・・

072.gif玄米パエリア
072.gifゴボウのポタージュ
072.gif畑のお肉の変わり唐揚げ
072.gif人参の甘酒サラダ
072.gifシャンパンゼリー風デザート


     リクエストに答えて昨年のメニューの再登場でした♪
     大皿に盛り付けてクリスマスパーティーの様にしていただきました024.gif

a0128036_18172882.jpg


「玄米パエリア」は・・・
 ヒヨコ豆と木野子の具材で…魚介が無くてもとっても美味しく出来上がりました♪ 
大きめの輪切りにしたエリンギが、まるでホタテみたいな食感でおもしろいです!

「ゴボウのポタージュ」は・・・
 ゴボウを玉ねぎと一緒にオリーブ油で香りが立つまで炒めて、出汁を加えてコトコト。
軟らかくなったらフードプロセッサーにかけて自然塩で調味し豆乳を加え仕上げました。
参加された赤ちゃんも美味しそうに食べていましたよ♪

「畑のお肉の変わり唐揚げ」は・・・
 乾燥大豆たんぱくをお湯でもでしてから、ネギの葉と生姜とお醤油を加えた出汁でひと煮立ちさせて、そのまま冷まして下味を付けてから、カレー粉とアーモンドの粗みじん切りをまぶして唐揚げにしました。
『まるで鳥の唐揚げみたい!』と皆さん美味しそうに頬張っていました♪

「人参の甘酒サラダ」は・・・
 甘酒と梅酢とレモン汁で和えた、簡単な人参のラペです。
甘酒は甘味として調味料に使うことも出来る優れモノです☆

「シャンパンゼリー風デザート」は・・・
 りんごの紅玉をりんごジュースで煮たコンポート入りのりんごジュースの寒天ゼリー。
いただく直前に冷凍のブルーベリーを加え、アップルタイザーを注ぐとロゼワインのように色が変わる演出が楽しいデザートです♪



今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2011-12-26 19:05 | 教室の風景

11月のお料理は・・・

今月の教室のお料理は・・・

072.gif玄米リゾット
072.gifヒエとカリフラワーのコロッケ
072.gif南瓜のサラダ
072.gif甘い野菜のスープ
072.gifタルトタタン


     ひと足早いクリスマスパーティをイメージしてディスプレイしました024.gif
     リースはお花のアレンジのお仕事をされている教室の生徒さんAさんの作品です☆

a0128036_17104726.jpg


「玄米リゾット」は・・・
 残りご飯と残り野菜でも美味しいご馳走に変身します♪ 
しめじとマッシュルームを半日干して陰性のキノコも陽性の方へ変化させ、旨味も栄養価もグーンとアップさせました。松の実とパセリをトッピングしていただきました。

「ヒエとカリフラワーのコロッケ」は・・・
 雑穀の中でもビタミンやミネラルの栄養価が高いヒエを炊いて、少量の水で蒸し煮したカリフラワーとエノキに豆乳を少し加えてフードプロせーサーでクリーミーなペースト状にして合わせてコロッケにしました。
カリフラワーの甘味がとても美味しいです。豆腐マヨネーズのソースとレモンを添えました。

「南瓜のサラダ」は・・・
 一口大にカットした南瓜を少しの自然塩で煮て、手作りの豆腐マヨネーズとアーモンドスライスを加えてサラダにしました。

「甘い野菜のスープ」は・・・
 なかなか甘いものが止められない人・疲れやすく、食後や昼下がりにすごーく眠たくなる人…それは低血糖症や糖尿病予備軍のサイン。弱った胃や膵臓に作用するマクロビオティックでは定番の甘い野菜のスープがおススメです。南瓜・キャベツ・玉ねぎ・人参をみじん切りにして3倍の水を加えてコトコト…野菜の甘味を余すことなく煮出しました。

「タルトタタン」は・・・
旬の甘酸っぱい紅玉を甜菜糖でキャラメーゼしてシナモンパウダーとメープルシロップも加えてコンガリ焼いてからココットに詰め、全粒粉と地粉で作ったパイ生地をかぶせてオーブンで焼いて、ひっくり返して銘々皿へ盛りつけました。バターや白砂糖、乳製品を使わずに美味しいデザートに仕上がりました♪


今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2011-11-30 00:48 | 教室の風景

今月の教室のお料理は・・・

☆土鍋炊き玄米栗ご飯
☆木野子のクリームシチュー
☆蒸野菜のバーニャカウダ風
☆南瓜のマドレーヌ
 


     ハロウィンパーティをイメージして、四角い白いお皿に盛り付けました024.gif

a0128036_15485995.jpg


「土鍋炊き玄米栗ご飯」は・・・
 この季節ならではの栗を丁寧に皮をむき、昆布を加えて土鍋で1時間じっくり炊き上げました。
 栗の甘味がほっこりと美味しく出来ました。

「木野子のクリームシチュー」は・・・
 マッシュルームとエリンギの2種の木野子、玉ねぎ・人参・里芋・ブロッコリーと一緒にコトコト煮込んで自然塩で味を調え、面倒なホワイトルー要らず、トロミは豆乳で溶いた玄米粉で付けました。隠し味に白味噌を加えてコクを出し、簡単だけど美味しいシチューです。

「蒸野菜のバーニャカウダ風」は・・・
 イタリア北部の料理で、ニンニク・オリーブオイルとアンチョビを煮たてて作るソースですが、アンチョビの代わりにヒジキとしめじ・松の実・黒オリーブ・味噌で作りました。蒸野菜に添えていただきました。

「カボチャのマドレーヌ」は・・・
 カボチャのフレークを使って簡単に出来る優しい甘味のマドレーヌです。
 マクロビオティックのお菓子は、卵・乳製品を使わなくても本当に簡単に美味しく出来上がるのが良いですね♪  一つは可愛くパッケージしてお土産にお持ち帰りです☆


今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2011-10-17 16:49 | 教室の風景

9月の教室のお料理は・・・

    ☆玄米生姜ご飯
    ☆枝豆のすり流し
    ☆豆腐と雑穀のハンバーグ
    ☆オクラと海藻のゼリー寄せ
    ☆かぼちゃのプリン


a0128036_0421760.jpg


☆玄米生姜ご飯は・・・
 身体を温めて免疫力を高めてくれる「生姜」をタップリ炊き込んだ、香りの良いとても美味しいご飯です。
 一緒に油揚げを加えて、薄口しょう油でほんのり調味しました。

☆枝豆のすり流しは・・・
 香りの良い枝豆を茹でペースト状にして、かくし味に白味噌を加えてコクを出し、豆乳と出汁でのばした冷たいスープです。

☆豆腐と雑穀のハンバーグは・・・
 雑穀の中でもたんぱく質やミネラルも豊富で栄養価の高い「ヒエ」と、玉ねぎ・椎茸・マッシュルーム・牛蒡のみじん切りのソテーしたものと 水切りした豆腐、みじん切りの胡桃で旨味とコクを出し、そしてつなぎには長芋を加えて粘りが出るまでよーく混ぜて小判形に成形し、フライパンでこんがりと焼きました。
出汁としょう油を葛でトロミつけし、タップリの大根おろしと合わせたソースでいただきました。

☆オクラと海藻のぜリー寄せは・・・
 海藻ミックスとヒジキをもどして、塩茹でして小口に切ったオクラと一緒に梅干を加えて寒天のゼリー寄せにしました。サッパリと美味しく出来ました。

☆かぼちゃのプリンは・・・
 乳製品・卵・白砂糖を使わず、南瓜のペーストを豆乳でのばして、寒天と葛粉で簡単に出来るプリンです。少量の甜菜糖だけの甘味なので、南瓜本来の美味しさが味わえます。



今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2011-09-26 01:40 | 教室の風景

7月のお料理は・・・

7月の教室のお料理は・・・

    ☆全粒素麺の胡麻だれ
    ☆一口寿司(茗荷&渦巻き稲荷)
    ☆玉蜀黍と枝豆のかき揚
    ☆ゴーヤと厚揚げの炒め物(ゴーヤチャンプル)
    ☆水羊羹



a0128036_6302594.jpg


☆全粒素麺の胡麻だれは・・・
 全粒の素麺は一見お蕎麦に似ていますが、小麦の丸ごとの栄養がいただけバランスがとれてつるっと美味しい麺です。
胡麻だれは、すり鉢で丁寧にあたった炒りゴマに、暑い夏の火照った体を冷ましてくれる作用のキュウリのすりおろしと大葉やネギをたっぷり入れ、麦味噌・白味噌・しょう油で味とエネルギーバランスを調え、濃い目に煮出し冷蔵庫でよ~く冷ました出汁でのばします。
おろし生姜と海苔を添えていただきました。食欲の落ちた暑い夏にも美味しくいただけるお薦めの一品です。

☆茗荷の一口寿司は・・・
 旬の茗荷を米飴でほんのり甘味を加えた梅酢に漬込み、一枚づつはがして梅酢の玄米酢飯を一口サイズに握りました。食欲の落ちた夏でもサッパリと美味しくいただけます。

☆渦巻き稲荷の一口寿司は・・・
 水は加えずにりんごジュースと米飴・しょう油で煮上げて、シート状に切り広げた油揚げに胡麻をタップリ入れた玄米梅酢飯を敷き詰めて、くるくると渦巻き状に巻いて一口サイズに切りました。

☆玉蜀黍と枝豆のかき揚は・・・
 香りと甘みが美味しい旬のとうもろこしと枝豆をそれぞれ、全粒薄力粉のてんぷら衣で一口サイズのかき揚にしました。黄色と緑の彩がきれいで、つけ塩でいただくと甘味が更に引き立ち美味しいです。

☆ゴーヤと厚揚げの炒め物は・・・
 通常は豚肉が入っているゴーヤチャンプルを水切り要らずでコクも出る厚揚げで作りました。生姜と甘味がある玉ねぎも加えて、しょう油だけで味つけですが美味しく仕上がりました。

☆水羊羹は・・・
 手作りの定番の小豆餡に甜菜糖の甘味と自然塩を多めに加えて、スッキリと上品な甘さにしました。寒天液と混ぜ合わせ流し缶で固めた水羊羹は、下の方に粒餡が沈み、上はこし餡… 自然なグラデーションになって食感も見た目も楽しめ、美味しく仕上がりました。



今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2011-08-13 09:43 | 教室の風景