ブログトップ

マクロビオティックス料理教室  鎌倉まんま

10月のお料理は…

10月のお料理は、秋のおもてなしにも…そして行楽のお弁当にしても美味しいメニューでした。


    ☆ 玄米押し寿司
    ☆ お月見椀
    ☆ 里芋のねぎ味噌イガ栗コロッケ
    ☆ 芋がらの胡麻和え
    ☆ 栗きんとん(中津川風)



a0128036_1819144.jpg


☆梅酢漬けにした淡いピンク色が華やかな蓮根・大葉・黄色い南瓜の炒り豆腐を混ぜた玄米・椎茸の佃煮・玄米と順々に箱型に詰めた押し寿司…季節の「もってのほか(紫菊)」をあしらって季節感のある押し寿司に

☆お月様に見立てた南瓜豆腐、兎の型で抜いた大根、味の良い干し舞茸が入った「月うさぎ」のお吸い物です。

☆蒸してマッシュした里芋に、炒めたテンペと長ネギを加え、「ねぎ味噌」を包み込んだコロッケは、そうめんをまぶして揚げると まるで「いが栗」みたいで食感もパリパリで美味しいです☆
手作りねぎ味噌が入っているのでソース要らずでお弁当にも最適です♪

☆里芋の茎を乾燥させた「芋がら(ずいき)」をふっくら煮含めて練りゴマで胡麻和えに。
カルシウム・鉄分・食物繊維がある伝統健康食品で、里芋のお料理と合わせて「一物全体」ですね。
芋がらは、煮物・炒め物・味噌汁と色々のお料理が出来て、乾物ストックしておきたい食品です。
私にとって、芋がらの味噌汁は懐かしい母の味です♪

☆信州、中津川の名産の「栗きんとん」は季節の高級なお菓子ですが…
自宅で、蒸した栗とほんのり甘い米飴だけで茶巾絞りにして、簡単に手作り出来ます♪


今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2010-10-20 21:22 | 教室の風景