ブログトップ

マクロビオティックス料理教室  鎌倉まんま

5月の教室のお料理は…

5月のお料理は・・・

      ☆ えんどう豆の玄米ご飯
      ☆ 豆乳茶碗蒸し
      ☆ 飛龍頭のおろし餡かけ
      ☆ 小松菜と萌やしのおひたし
      ☆ とろとろ粟ぜんざい

a0128036_14145339.jpg



「えんどう豆の玄米ご飯」は…
 えんどう豆のサヤを玄米の上にのせて、切手大の昆布と一緒に炊き込むとお豆の香りがほんのり移ります。
お豆はご飯が炊き上がる直前に別に塩ゆでし、炊き上がってサヤを取り出した玄米とふっくらと混ぜ合わせると、青々と美味しいお豆ご飯に。手毬むすびにして笹の葉で包みました。

「豆乳茶碗蒸し」は…
 無調整豆乳ににがり・出汁・大和芋を加えて白味噌と自然塩・薄口しょうゆで味を調えました。
具を入れた茶碗にそそいで蒸すとふんわりクリーミーな茶碗蒸しの出来上がりです。

「飛龍頭のおろし餡かけ」は…
 簡単で美味しい手作りのがんもどきです。水切りした豆腐と大和芋・人参・牛蒡・木耳・椎茸を具に良くこねて大き目の円盤状に丸めて菜種油でこんがりキツネ色に揚げるだけです。
今回は、薄味に調味した葛餡をかけ、大根おろしと生姜を添えました。
ヒジキ煮の残りや屑野菜を細かく刻んで入れ、小さいボール状に丸めれば煮物にも、味をしっかり付けてそのままお弁当のおかずにしても美味しくいただけます。

「小松菜と萌やしのおひたし」は…
 青物野菜が食べたいなぁ~って時の我が家の定番の簡単メニューです。小松菜の根から葉まで5センチくらいに切って、萌やしと一緒にお鍋に入れひとつまみの自然塩を加え、少量の水分とで蒸し煮にするだけ。出汁に柚子果汁と醤油のみのシンプルな美味しさです。

「とろとろ粟ぜんざい」は…
 ビタミンやミネラルが豊富で、しかもバランスが良い土のエネルギーの粟をお粥状に炊き、すりおろした玄米餅を加えてとろとろに仕上げました。米飴で甘味を付けた小豆餡の粟ぜんざいです。冷めてもとろとろのままなので、春夏にも美味しくいただけます。

今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2011-05-24 15:34 | 教室の風景