ブログトップ

マクロビオティックス料理教室  鎌倉まんま

10月のお料理は…

10月の教室のお料理は…

2009年の秋の教室メニューだった、「彩りお稲荷さん」の再登場でした♪
行楽のお弁当やおもてなしにも最適です☆

             ☆ 彩りお稲荷さん
             ☆ 舞茸のお吸い物
             ☆ 里芋のいが栗揚げ
             ☆ 芋がらの胡麻和え
             ☆ 薄紅色の菊花蕪
             ☆ 一口どら焼き


a0128036_20481129.jpg


「彩り稲荷寿し」は・・・
 りんごジュースの甘味で優しいお味に煮上げたお揚げさんに、二倍に希釈した梅酢の玄米酢飯を詰めました。甘辛く仕上げたセイタンそぼろと南瓜とターメリックで黄色く色付けした まるで炒り卵のような炒り豆腐、インゲンと紅葉型で抜いた人参を彩りよくあしらいました。一口ほうばるとそれぞれの味のハーモニーが絶妙なバランスで、とても美味しいです♪


「舞茸のお吸い物」は・・・
市販の干し舞茸と生の舞茸を具材に、利尻昆布とどんこ椎茸の美味しいお出汁にいい塩梅の塩味に調えたまろやかで美味しいお吸い物です。


「里芋のいが栗揚げ」は・・・
 蒸した里芋をマッシュして炒めたテンペとネギを混ぜ込み、中にネギ味噌を入れて丸めました。いが栗をイメージして衣をソーメンをまぶして揚げました。冷めても美味しい揚げものです。


「芋がらの胡麻和え」は・・・
 里芋の茎を干した芋がらを戻して一口大に切り、甘辛く煮含めて練りゴマで和えました♪
里芋の一物全体です。


「薄紅色の菊花蕪」は・・・
 蕪を格子状に切り目を入れて、この時期出回る紫色の菊花…「もってのほか」と一緒に梅酢と米飴の甘酢に漬込んだサッパリと美味しいお漬物です♪


「一口どら焼き」は・・・
 小さめのパンケーキを焼いて粒あんを挟んだ簡単どら焼きです♪ 地粉や粉の状態でふっくらだったり、もっちりだったり…
フライパンをよーく熱してからが、コンガリ焼くコツですが…今回はちょっとその前に焼いてしまったので、図らずも「トラ焼き」になっていました。



今回も美味しくいただきました(*^_^*)
[PR]
by yuki-some | 2012-10-27 22:09 | 教室の風景